まるで海の上を走っているみたい!!海上道路でドライブ!!

沖縄の海上道路といえばここ!うるま市の「海中道路」

沖縄旅行の大きな楽しみの一つに、レンタカーを借りてのドライブがあります。真っ青な沖縄の海を見ながら、ヤシの木の並ぶ道路を走るドライブはまさに沖縄ならではの醍醐味ですよね。
そんな沖縄旅行のドライブでおすすめしたいのが、海の上を走る海上道路です。離島の多い沖縄県では、本島と離島を結ぶ橋が多く架けられているため海の上を走る道路が数多くあります。そこで今回は、沖縄のドライブで外せない海上道路を2本ピックアップしてご紹介しましょう。
まずはじめにご紹介したいのは、うるま市にある「海中道路」です。海中道路はうるま市と平安座(へんざ)島とを結ぶ堤防道路で、長さおよそ5kmほどの道。海の上を走るドライブコースとして、沖縄県でも特に人気の高いスポットとなっています。道路の途中には道の駅ならぬ「海の駅」もあり、食事やショッピングを楽しむこともできますよ。

絶景の海を眺めながらのドライブ、「古宇利大橋」

もうひとつの海上道路は、沖縄本島北部の今帰仁村にある「古宇利(こうり)大橋」です。 古宇利大橋は古宇利島と名護市の屋我地(やがじ)島とを結んでいる橋で、およそ2kmにも及ぶ大きな長い橋です。屋我地島は本島から「ワルミ大橋」で結ばれているため、沖縄本島から古宇利大橋まではノンストップでドライブが楽しめます。まさに海の上を走っている気分でドライブが楽しめる道路として、最近定番人気のドライブコースの一つです。 古宇利大橋を渡るとすぐに美しいビーチが広がる古宇利島は、ハート型をした「ハートロック」など隠れた見どころが沢山!ドライブと合わせて楽しむのもおすすめです。 沖縄には他にも宮古島の伊良部大橋など海上道路が沢山あります。沖縄旅行にいったら、ぜひ海上道路でのドライブを楽しんでくださいね!